ペット葬儀社の選び方

最愛のペットちゃんとの別れを、後悔する事がない様、ペット火葬を依頼する際の、依頼先の選び方を考えてみたいと思います。

まず一番に考えていただきたいのが、ご依頼主が「何を望むのか」です。

ペット葬儀には大きく分けて3つの役割があります。
ご火葬
ご葬儀
ご遺骨の供養

ご火葬

ご火葬の方法は、一体ずつ火葬をする「個別火葬」と、数匹一緒にご火葬をする「合同火葬」があります。
個別火葬にも立会火葬と一任火葬とがありますがどちらもご遺骨は残ります。

一方、合同火葬の場合は、ほかの子と一緒に火葬しますのでご遺骨を残すことができません。数匹一緒にご火葬をするので、数匹集まるまで遺体を冷凍冷蔵したり、数日に一度火葬される場合が多いので、安置環境やご火葬日程等を確認される事をおすすめします。(ハートフルでは、合同火葬はいっさい行っておりません。)

また、自社でご火葬を行っている場合と、他社委託の場合があります。他社委託の場合お骨上げ(遺骨をお箸でお骨壷に収める作業)ができない事があります。

お別れ

次に、お別れですが、到着前にお別れを済ましておき、到着後まもなくご火葬を行う葬儀社さんもあれば、お花を用意してくれたり、ゆっくりとお別れの時間をとってくれる所もあります。また、何よりお経が大事とする方はペット供養も行うお寺さんもあります。

佐賀ペット斎場 ハートフル 大和霊園では、お別れのお時間を一番大切にし、ご納得のゆくまで十分お別れをしていただいております。ご家族様のお気持ちを癒す事も、ペット葬儀社の役割だと考えています。

ご遺骨の供養

最後にご遺骨の供養です。 まずは、ご火葬後、ご自宅に遺骨をお持ち帰りになる場合ですが、お庭などに埋葬や、海や山などに散骨予定でしたら、粉骨(遺骨をパウダー状に加工)されることをおすすめします。形があるままの遺骨は土に還るのにも時間がかかりますし、もし何かの拍子に掘り起こしてしまったりすると、遺骨になったペットちゃんも掘り起こした人もいい気分はしませんよね…

粉骨は、行なっている葬儀社と行っていない葬儀社、有料か無料かもありますので、埋葬予定の方は、お尋ねされて下さい。 また、遺骨を入れるお骨壷も有料の葬儀社さんもありますので、ご確認されて下さい。

次に、遺骨をお持ち帰りにならない場合です。
納骨堂がある葬儀社ですと、個別にお骨壷に入れて供養していただくか、ほかの子と一緒に供養されるかだと思うのですが、これも有料と無料、また、最初に一度料金を払えばその後は無料で供養していただける場合と、毎年料金がかかる場合があるようです。また、ここでも、毎日お経をあげてくださる寺院や、お預かりするだけの葬儀社もあるようです。

佐賀ペット斎場 ハートフル 大和霊園では、自然豊かな大和霊園に桜の木を植え、それを墓標とし樹木葬という形でご供養しております。命の養分を桜が吸収し、春には綺麗な花を咲かせてくれます。

以上、私が知るペット葬儀に関する事を書いてみたのですが、どこが良い悪い、何が良い悪いではなく、ご家族様が何をお望みなのか、またペットちゃんは何を望むのだろうか、と言う事が大切な事だと思います。

以下、重要点を箇条書きにしました。お役立て下さい。

ご火葬

  • 個別火葬か、合同火葬か
  • 合同火葬の場合、安置環境と火葬日程もたずねる
  • お骨上げができるかどうか

お別れ

  • ゆっくりとお別れをさせてくれるか
  • 読経の有無

遺骨の供養

  • 粉骨(遺骨のパウダー加工)の有無
  • 納骨堂の有無(個別か合同か)
  • 読経の有無
  • その他の供養(樹木葬・海洋散骨など)

料金について

  • お迎えや出張料
  • お骨のお返し料
  • お骨壷や棺の料金
  • 粉骨料金
  • 納骨料(初年度以降の契約も忘れずに確認!)

どうぞ、悔いの残らない、良い旅立ちだったと思える葬儀社お選び下さい。

0952-63-0660